SEEK HAIR

  • WEBから問い合わせる
  • 0563-58-8170
ブログ
ブログ

海とプールとダメージと

こんにちわっ

須貝です(´∀`*)

なんか「部屋とYシャツと私」みたいなタイトルになりましたが笑

暑くなってきた今日このごろ。

プールも海もっ!!お出かけの機会が増えてくるその前にっ!!!

海やプールでの紫外線ダメージについてお話させてもらいます(`・ω・´)キリッ

髪が海水で濡れるとキシむ原因は、「海水の塩分」です。

塩分は髪から水分を奪い髪を乾燥させてしまう上に、海水に濡れた髪が乾くと、

髪の表面に塩の結晶ができて手触りがゴワゴワ、ザラザラになってしまいます。

さらに、海水は弱アルカリ性であることから、髪のタンパク質を溶かす性質があります。

ここに紫外線によるダメージが加わることで、キューティクルがダメージを受け、剥がれやすい状態に。

キューティクルが剥がれると、内部から水分やタンパク質が流れだし、これもパサつき、ゴワつきの原因になってしまいます。

こわいですねえ((((;゚Д゚))))

一方プールの水に含まれている塩素も髪に与える影響は海水と一緒です。

塩素が髪に付着することでキューティクルが破壊されてうるおい成分が流れだし、さらに紫外線の影響も塩素の漂白作用が加わることで倍増してしまうんです。

また、塩素による酸化作用は髪や頭皮の細胞にダメージを与え、老化を早める原因になります。

そこで大事なのは、未然に防ぐ事=洗い流さないトリートメント。使ってますか?ってことですね!!

塩分が髪に入り込むのが傷む原因というのであれば、塩分を入れさせない対処をしてあげるのが重要なのです!!!
クリーム系の洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使って、塩分が髪に入り込むのを防ぎましょう。
そして、日焼け止めっ

肌に日焼け止めを使うように、髪の毛にも日焼け止めを使ってますか??
肌に紫外線が届くより先に、髪の毛が紫外線に当たっているんです♪♪
あまり気にされない方も多いですが、
肌だけではなく、髪の毛にも紫外線対策してあげましょう\_( ゚ロ゚)ここ重要!

ぼくのオススメは、

未然の紫外線対策と、アフターケアもできる、

「COTA STYLING BASE」シリーズ

髪の毛は、ダメージを受けてしまうとキューティクルが開き、水分・栄養など髪の毛に必要な成分が流出してしまいますっ

そして髪の毛には自己修復機能がないので、外から補ってあげないことには、髪が綺麗になることも!現状維持さえできなくなってしまうのです((((;゚Д゚))))

女性にとって髪の毛はとても大切です。

いつまでも美髪でいていただきたいのでしっかりケアしてあげてくださいねっ(*´罒`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る